FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

InDesignの整列の「等間隔に分布」が便利になるスクリプト

整列パネルの下部にある「等間隔に分布」は、
1. 図とキャプションの距離を決まった間隔にしたいときや、
2. 三つ以上のオブジェクトを均等間隔で並べたいとき、

などによく使う操作です。
 
がしかし、1.の処理後2.の処理を行い、再度1.の処理をしたい場合、

「間隔を指定」のチェックボックスのオンオフを何度も繰り返す必要があったり、

そもそも、ボタンや入力エリアがせまく使いにくいです。


toubun01.gif 


ちょっとした操作ですが、どうにかならないかなーとずっと思っていました。

なのでスクリプトを作りました。


垂直(水平)方向に等間隔で分布.zip


バージョンはCS6以上です。

※CS5はキーオブジェクトを選べないので使えません。


準 備
1. 「垂直方向等間隔で分布.jsx」と「水平方向等間隔で分布.jsx」をスクリプトパネルに入れます

2. 適当なショートカットを設定します
オススメは、
 水平方向等間隔で分布に「Alt+Shift+C」または「Alt+C」
 垂直方向等間隔で分布に「Alt+Shift+H」または「Alt+H」


※デフォルト「Alt+Shift+H」に設定されている「水平方向にサイズ変更」は、そもそも何の操作なのかわからないうえにデフォルトの状態で「Alt+Shift+H」を押してもメニューバーのヘルプが開くため(笑)、上書きして何も問題ありません。多分。上書きすればこの操作でヘルプは開かなくなります。

※CC以降はキーボードショートカットのダイアログの仕様が変わったようです。ショートカットに「Alt+H」とか「Alt+C」を登録しようとしてもダイアログ内のショートカットキー(下図)が優先され設定ができません。でも直接ショートカット設定ファイルを編集すれば設定できます。

toubun05.jpg  

使い方

1. 「間隔を指定」のチェックボックスがオンの操作をする方法

オブジェクトを2つ以上選択した状態でキーオブジェクトを選び、スクリプトを実行します。

すると距離を入力するダイアログがでます。


toubun06.jpg

 

2とか10とかの数字を入れます(単位はミリです、ミリの入力は不要です)。

間隔を指定したオブジェクトの移動ができます。

 

2.  「間隔を指定」のチェックボックスがオフの操作をする方法

オブジェクトを3つ以上さわった状態で、キーオブジェクト選ばずスクリプトを実行します。

垂直、または水平方向にオブジェクトが等間隔に分布されます。



おまけ

整列のその他の操作にもショートカットを割り当てるとより便利になります。

私は以下のように設定しています。


コマンド名          割り当てるキー
水平方向左揃え  →  Shift+Alt+L (Left)
水平方向中央揃え →  Shift+Alt+C (Center)
水平方向右揃え  →  Shift+Alt+R (Right)
垂直方向上揃え  →  Shift+Alt+T (Top)
垂直方向中央揃え →  Shift+Alt+H (Horizon)
垂直方向下揃え  →  Shift+Alt+B (Bottom)


スクリプトと上記の設定で、私はほとんど整列パネルを使わなくなりました。

よかったらみなさんもやってみてください。






マンガでわかるJavaScript
クロノス・クラウン 柳井 政和
秀和システム
売り上げランキング: 120,469
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。