記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その5

「実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その4」からの続きです。10.項に正規表現スタイルを設定する項見出しのページ番号に正規表現スタイルを設定していきたいと思います。どういった条件がよいでしょうか?赤で囲った箇所が、項の段落スタイルを設定している箇所です。 数字を意味する\d+に文字スタイルをかければよさそうですが、それだけでは項見出しの先頭に入っている数字にもスタイルがかかってしまいま...

続きを読む

実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その4

「実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その3」からの続きです。7.リーダーとページ番号を正規表現スタイルで整える段落スタイルを設定する箇所はこれですべて設定できました。データを見てみるとだいぶ形になっています。しかしまだ、体裁を整えたい箇所が存在します。章のページ番号前のリーダー罫が太いのと、ページ番号自体が目次のレベルによって、サイズと書体が異なっているのが気になりまね。目次を作り慣れ...

続きを読む

実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その3

「実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その2」からの続きです。4.項を検索置換する章、節と設定ができました。次は一番下の階層の「項」を設定していきましょう。段落スタイルは既に適用しているため、今回はテキストの整形作業だけです。まずは、章や節と同様にテキストのパターンを分析してみます。  検索のパターンとして、「行頭に数字、その次に半角のピリオド」という条件が使えそうです。そして置...

続きを読む

実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その2

「実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その1」からの続きです。3.節を検索置換する章の正規表現検索置換ができれば、節の検索も工夫することで簡単にできるはずです。では、どんな工夫が必要でしょうか?章はテキストをそのまま活かせましたが、節は以下の画像のようにタブを全角スペースに置換する必要があります。  簡単に思いつくのは、章の検索置換と同じ要領で、検索文字列:^第\d+節~(置換形式 :...

続きを読む

実例から覚えるInDesignの正規表現 目次組版編 その1

「DTPの仕事に正規表現を活用したいとは思ってはいるけれども、どうにもややっこしくて踏み込めない」とか、「そんなの覚えなくても、何度か検索置換すれば同じでしょ!?」など、 正規表現を覚えたいけれどもどうしても取っつきにくい、もしくは知識はあるけど有用性を見出せない、などと考えていらっしゃる方を対象に書きました。 これから長々と解説を書いおいてなんなんですが、以降書いてあることを、実際に試したり一字一...

続きを読む

プロフィール

Author:ゆう
東京在住

DTPオペレーター
書籍組版と電子書籍の製作を主に

Javascript学習中

Twitter(更新のお知らせはこちら)
@Yo_Yu_You

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。